1 「履歴書」は求人応募者のプレゼン資料です!


会社側が求人情報を出して、興味関心を持っていただいた方からいただくのが、求人内容のご質問だったり、「履歴書」「職務経歴書」だったりするわけです。


最近は「履歴書」を手書きではなく、PCで作成する方も多くなってきました。一度データを作ってしまえば、簡単に修正できますから、それはそれでよろしいかと思うのですが、私などは、わざわざ手書きを書いていただいたのですから、必ず目を通します。

ただ、手書きならではのリスクもあります。書き間違えが発生すると、また一から書き直しとなりますから、「うんざりする気持ち」になることもよくわかります。


とはいえ、「履歴書」を単に学歴、職歴、志望動機など項目さえ埋めておけばよいという意識の方もいらっしゃるのですが、「履歴書」は、「履歴書」を見る立場、つまり採用担当者が「この人と会ってみたい」と思わせる「見栄え」と「内容」がなければなりません。応募者さんが書類選考突破ができるようにするためには、人事採用担当者の心を知らなければ、基準以下の書類作成をしてしまうことだってあるわけです。


「履歴書」はあなたの代わりにあなたをPRしてくれる「プレゼン資料」あるいは「パンフレット」であると認識し、書類作成を実践しなければ、いつまでたっても面接にこぎつけることは難しいでしょう。


2 人事採用担当が「履歴書」を見る視点


これから述べることは、あくまでも私の場合(中小企業)の私見ですのでご了承ください。


(1)手書きなのか、PCなのか


基本どちらでもよろしいんですが、やはり手書きだと、その人となりが伝わってくるので、しっかりと見る傾向があります。あえて面倒な手書き履歴書を送っていただけるわけですから、その方に「誠実さ」を感じます。


(2) 修正テープはアウト


誤字・脱字があったとき、白の修正テープを使い、その上に訂正文字を書く方がほんのたまにいらっしゃいます。ただ、これはアウトです。先ほど「履歴書はパンフレット」と言いましたが、その重要性を知らない方が、してしまうんでしょう。一から書き直すのは面倒くさいと思ったのでしょうか?書き直しが面倒くさいとして、仕事をないがしろにする人物、真剣さや誠実さがないということで、アウトにしています。


(3) 写真の写り具合、貼り方では仕事の取組み方を見る


ご本人の写真の写り方もそうですが、貼り方も見ます。まずは当然ですが「健康そうかどうか」です。また、貼り方としてだいたいですが、「3×2.4」の線と角がきれいに切り落とされていて、曲がって貼られていないかどうかです。これにより、「注意深さと誠実性」を見ます。もしも曲がって貼られていたとしたら、仕事の出来栄えの最終確認ができない人物と判断してしまいます。


(4) 志望動機、自己PR文ではあなたならではのキーワードが欲しい


「私の今までの仕事経験が、御社のお役に立つものと思い…」「御社の明るさに魅力を感じ・・・」という.就職情報サイトの例文そのままに書いてくることも多いものです。

確かに、書く欄のスペースが狭いということもあります。しかし、制限の中でオリジナルな体験や動機を書いてほしいものです。文章のつながりとともに、志望動機、自己PRでの一工夫があるかないかで、私は「地アタマが良いか、悪いか」を判断しています。


(5) 希望欄の内容では「なぜそうした希望が書いてあるのか」を確認したい


履歴書だけでは、人物判定ができないのは当然です。しかし、履歴書に書かれている内容や写真から「ポジティブ」「ネガティブ」というのもある程度想像できるものです。

また、希望欄には通勤、スタート日、給与等について書かれますが、書かれたからには「なぜそうなのか」を確認したくなります。単に「生活で必要な額だから」や「世間的な金額」というのでは納得しにくいものがあります。そこは面接で聞くのですが、書くからにはしっかりと、ご自身の必要なスペックなのか、そして人材としての伸びしろはあるのかについてPRする何かを書いておいてほしいですね。


(6) 履歴書全体のイメージを大切に


人によって、字の形や大きさが違うので、仕方ないのですが、全体をながめると「整っている履歴書」と「汚い履歴書」があります。罫線からのはみ出し、極端に小さく書いていて、読みにくいものは、読む気が無くなってきます。ましてや誤字・脱字、言葉の使い方間違いがあると、これもまた一気に読む気が低下します。「一般教養」に乏しい人材ではないか?と疑いを持ち、会うに値しない人物ではないかと考えてしまうからです。


3 書類審査を突破するために


会社規模、業種、職種によって違うでしょうけれども、やはり以下の3点は押さえておいてほしい観点です


●見やすい文字の大きさ

●わかりやすい論理と文章構成

●読んでいてインパクトがあるオリジナリティーを感じるキーワード


なんども書きますが、履歴書は「採用担当があなたの話を聞いてみたくなるかどうか」をPRする「パンフレット」であることを、どうぞお忘れなく。